新着順:396/2186 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

7度、キャット・バルー

 投稿者:マハール  投稿日:2017年 3月17日(金)07時39分49秒
  通報
  さてベーファンさんの「Night And Day」。一時は好きで欧州ピアニスト達の新譜を
聴いていましたが、私の繊細な表現力に酔ってごらんなさい、というように感じる
ようになってからは、そんな作品から足が遠のいております。嫌な予感と書いたのは、
好きで聴いていた時期の「アルバム全体に強烈な、そして心地良い統一感」との
気持ちになったのが、今では受け入れられないものになると感じたからです。では
この「つまみ食い」企画で改めて聴いた感想なのですが、掴みどころのない作品という
のが、正直なところです。その中で「Night And Day」についてはパーカッシブな
演奏で、この作品への良い味変となっています。シャイなヨーロピアンが、精一杯
カッコつけて女性を口説いている雰囲気です。しかしこの作品、もう聴く機会は
ないのかなと、思っています。
 
》記事一覧表示

新着順:396/2186 《前のページ | 次のページ》
/2186